記事一覧

黒檜山登頂

先週末も訪れている赤城山ですが、今日は登山してきました。
赤城山の主峰「黒檜山」です。
 
黒檜山への冬季の登山は、昨年の同じ頃に挑戦し、敗退してました(笑)。
再挑戦ということになります。
 
最初にGPSログ。 ここに出てる通り、今年は登頂できました。そのまま隣の駒ケ岳を縦走するコースも一般的ですが、今回はそのままピストンです。出発が遅くて、1周する余裕が無かったのです。

 
山に向かう途中、埼玉方面をみると『雲から雪がこぼれ落ちてる』様子が見えました。 そこらで雪が舞っていたのではないでしょうか?今日は寒かったですからねぇ。
 

 
下から赤城山を見上げるとこんな感じでした。 手前の鍋割山は見えていることが多いのですが、その奥が雲に隠れています。 上は青空ですが、あまりイイ天気とはいえません。 今日はホントは北八ヶ岳の方に行きたいと思っていたのですが、荒れそうだったので近場に変更したのです。
 

 
上に着くとこんな感じ。 全体が雲の中なのかもしれませんが、雪は降ってなかったです。
 

 
さて、黒檜山の登山口です。 もう何人も入っているようだったので、比較的安心して入っていけます。スノーシューのヒトもいましたが、ここは、先行者がいるならアイゼンで十分です。
 

 
登山口からすぐ、急登が始まるのがココの特徴。最初が一番キツいかもしれません。
写真だと「道はどこ?」となりそうですが、とても分かり易いです。昨年と比べ、赤いリボンが増えていて、更に分かり易くなっていました。 前回、敗退した時は、周囲を見渡しても「次のリボン」が見当たらないことが多かったのですが、今年はそんなこともありませんでした。
 

 
何箇所か、下を見下ろせる場所があります。 雪庇がせり出していて踏み抜く危険もあるので、先端側に行き過ぎないように注意しながら撮影します。 今日はこの先でホントの雲の中に入りました......ので、この先では大沼が見えなくなりました。
 

 
あとは黙々と登り続け、主峰の黒檜山に到着です。山頂の先に展望が開けた場所があるのですが、周囲は真っ白な世界で遠望はできませんでした。北側なので、晴れていたら、武尊山や谷川も見えるのではないでしょうか?
 

 
チョットだけ駒ケ岳方面に進むと神社があります。ここだけ寄って、そのまま戻ることにしました。
 

 
さて、車に戻りかえる途中で振り返ってみました。.........やっぱ雲の中ですね。
この写真もそうですが、今日は、ときどき、イイ感じの光が入ってくる雲間があって(というか、モーレツに雲の流れが早かったのです)、場所によってはそれを待っていたので、結構、体が冷えました。
 

 
ワタシの家は赤城山の裾野にあるので、モロに『ホームグラウンド』なのですが、一番身近な山で、こうして楽しめる環境にあるというのは嬉しいことだと思います。
 
 
 
 
 
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -