記事一覧

トライワにトライ!


ただでさえ暖冬の今年。 絶対的な降雪量が少ない上に、昨晩は雨が降ってましたから.......

もう、赤城山の雪はほとんど消えてます。

実際、登っていけば日陰に多少の残雪は残ってるかもしれません。また、黒檜山など、北側にはそれなりに残っているかもしれませんが、少なくとも前橋市から(南から)見上げる赤城山は、もう、チョット終わってしまったかなぁ......という印象です。

というわけで、今日はちび太さんと栃木(鹿沼)方面に。

最初に立ち寄ったのは「西方ふれあいパーク」。

東北道を北上する際、「都賀西方PA」をチョット過ぎた辺りの左側にいつも気になっていた公園があって、こっちに来たら、ちび太の散歩に寄ってみようと思っていたのです!それがここ!

ところが!!


犬の散歩は禁止になってました。 それなりに広い敷地のようなので、いきなり全面禁止でなくても部分的に領域を区切るなど、手段はあると思うのですが、いずれにせよ『ふれあい』はヒトにとって都合の良い範囲だけだったようで残念です。

ま、そうなると用は無いので、早々に「サヨナラ」して更に鹿沼方面に北上。鹿沼からは県道14号線で日光方面に向かいます。そこで「おぉっ....」となったのがこの景観。

この町は、全てでは無いのかもしれませんが、自転車が通るトコロが青く塗られています。 

これ、イイですね。

いくら法の上で自転車を車両扱いしても、実際、クルマと自転車はあまりに実性能も安全性も違いますからね。また非力であるという自覚が無い者も多いですから、「分ける」というのは重要なことだと思うのです。

さて、さらに県道を日光方面に向けて進んでいったら、右側に凄い山がありました。

ずいぶんと、派手に削られまくってる山です。 あとで調べたのですが、「岩山」って言うんですかね? 広陵カントリークラブとかがこの反対側にある.....場所ですけど、わざわざ停めて三脚出して撮影しちゃいました(笑)。

でもこれ、夕方とかにはたぶん夕日の陰影が結構綺麗に出るんじゃないですかね。 他にも雪の時とか、新緑の時とか、色が追加して入ったら映えるような気がします。


さて今日の目的地はその先。 県道沿いの『片野道』というバス停のあるT字路を左に曲がり、道なりにチョット戻るように進んでいくと..........。



ここです。
虎岩という虎のような縞模様が出る岩があるという情報を得て、やって来たわけです。



でも.........



.......という状態。 ま、それなりの縞々模様は、当然、分かるのですが、如何せん発色が悪い。



........というコトでした。雨の日やその直後ぐらいが見頃(?)なのだそうです。 紅葉とかと同じですね。やっぱ、ヒトにとって厳しい状況ほど良い絵が撮れるモノなんですよ。自然って。

そのまま、全域クルマのすれ違いOKですが、ハイエースだと対向車の有無を気にし続ける必要があって疲れそうだな。という感じの峠道を走り、日光方面へ。日光宇都宮道路の日光ICの辺りに出ます。 ちょうど展望が開けた所で、どーんと女峰山が視界に入りました。

青空を背景に残雪の残ったゴツゴツとした山塊がとても綺麗に見えましたよ! 

さて、日光は一般の観光客が多かったので(暖かいので行楽日和だったかも)、そのままパス。逆にほとんど人の気配が無い足尾にやってきました(笑)。



廃墟、廃屋を横目に「こりゃ凄い」と。

前に夏場に来た時は雑草が生い茂っていて「近づくのもイヤで~す」という状況でしたが、冬はそれらが全て枯れるのでそれなりに全貌が分かるようになってました。 Y田師匠。この時期の廃墟めぐりは結構イイのでは?
望遠レンズを持って、こまかく切り取っていくのも面白そう、という印象を受けました。


でも、この地域って凄く勿体無い気がします。

例えば東北に「尾去沢鉱山」というのがあるのですが、http://www.osarizawa.jp/
ここには、よくある坑道内を見学するコースだけでなく、「産業遺産コース」という廃墟見学のコースが設定されているんです。廃墟としての価値を「遺構」というカタチで見出しているわけです。

足尾銅山にも銅山としての歴史を紹介する施設はありますが、なんか「隆盛の頃にしがみつき過ぎ」のような印象。その後の衰退、その結果としての廃墟.......という、本来は「負の遺産」のように感じてしまうものにも、今は、価値が見出されている時代だと思うのです。 

逆に考えれば、「足尾の遺構」なんて、1級モノのネームバリューの廃墟だと思いますけどね。
立入禁止にされている工場跡を有料で入れるようにしてくれればいいのに。 とりあえず、ためしに一般公開デーとかやってみればどのぐらいの集客力があるか分かると思いますよ。 というか、今日、上記のように通過する間にも、3組の廃墟マニアがふらついてる姿を見ましたからね(笑)。 ホントに勿体無い。




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -