FC2ブログ

ちょっと遅かった!


今日は......というより今日も、ですが、渡良瀬遊水地にコミミズクを撮りに行ってました。

今日は、ソロでなく、KenさんとM田さんと行ってました。
河川敷ですが、これまでと同じ位置でなく、対岸に陣取ってスタート!

01R0036354.jpg 


............したのは良いのですが、全然、姿を見ることができないまま、時間が過ぎていきました。
もうそろそろ厳しいかな(薄暗くなって露出不足ぎみ)と思った頃に変化が!!


最初に姿を見せたのは、何と「対岸」。鳥の姿に気づくこともあれば、撮影者の挙動で探すこともあります(現れるとその周囲の撮影者が一斉に同じ方向にレンズを向けるため、更にその(目線の)方向を双眼鏡で探す)。

で...........。

02U97A6248.jpg 

分かりますか、中央の紅白のポールの上です。
中央付近をトリミングするとこんな感じ。

03U97A6248-2.jpg 

Google-mapで対岸までの距離を測定したのですが(地図上で右クリックすると「距離を測定」という機能が出てきます)、約280mの距離があったようです。ワタシのレンズは600mmでAPS-Cを使って1.6倍相当になるので960mm。それでも「頭がこっちを向いた」と判断できるのが精一杯。

ま、こうなるだろうな。とは思っていましたが「ブログ用に......と(笑)」。


その後、こちらの河川敷でも(別の個体だと思うのですが)姿を現した......のは良いのですが、急だったので、不意を突かれて翻弄されました。

三脚など一式を抱えて、「あっちで飛んだ!」「あの先か?」などと.......

04U97A6262.jpg 

結局、まともに押さえることもできませんでした(笑)。


光の状態にもよると思うのですが、7D MarkⅡは作品撮りの場合はISO1600がギリですね。ギリというのは「まだ現像で何とかノイズを補正できる限界」という意味で、撮って出し、ではありません。もちろん、どの程度の大きさで見るかにもよると思うのですが、拡大して観賞できる投稿サイトにアップすることを考えると1600がギリという印象です。


ちょっと悔しいので、前日に三ツ寺公園で撮影したカワセミを載せておきます。

05U97A6196.jpg 

う〜ん、タイトルは「金色の羽根」としよう。
ほんとは足元にピントが来ていて、微妙に顔がボケているのですが、姿が良いので「ま、いいか」と。



今回のコミミズク撮影で思ったのですが、約1000mmの焦点距離で撮影していてキツい状況だと、仮にテレコンの1.4倍を追加しても、それで一気に距離感を詰められるものではないですし、画質の劣化も生じることでしょう。

河川敷の車道は狭いので好き勝手なところに車を停める訳にもいかず、撮影者は駐車可能な場所の付近に散在しています。 最初の写真の通り河川敷は広く(人が集まっている隣のところまで約350m)、歩いて移動するには遠いので、多くの場合、駐車スペースの周囲に三脚を構えて「鳥が来るのを待つ」ことになるのです。

でも鳥もまんべんなく飛んでくれるワケでもなく、上記の通り、焦点距離を伸ばして広く撮ってやろうとするにも限界があります。 で.....自転車があると助かるな。と。思ってしまっている次第です。





Comment

Add your comment