FC2ブログ

ちび太チャンネル ~富士の樹海編


この週末は、富士五湖方面に居ました。

先ずは樹海の散策です。いつものGPSログを上げておきます。


00_20170910212114fde.jpg

紅葉台までは車で上がることができますが、状況によっては(雨の後など)、四駆じゃないと無理かもしれません(舗装路では無いので)。

一般に樹海というと良いイメージを持たないことが多いですが、実際はとても豊かな森で、この西湖の西側のエリアには、キチンと整備されたトレッキングコースが多く散在しています。

01_20170910212116358.jpg


そこらに、こうした道標があり、特に不安を感じることもありません。

02_20170910212117407.jpg

でも、チョット森の奥の方に目を向けると、普段の山歩きでは見かけない光景があるのも事実。もともと富士の溶岩が流れ出た上に出来た森なので「溶岩だろ、これ」という岩があります。
暴れたような木の根があったり、倒れかかった木があったり、奇形樹のように途中から曲がっている木があるのは、わずかな土の下に溶岩帯があり、深く根を伸ばすことができないために倒れやすくなっているから.....のようです。

03_20170910212119057.jpg



で、今回は、樹海を横断して紅葉台~三湖台と登ってきました。

三湖台からの眺めは格別。ココにテントを張って夜景とか撮りたいぐらいです。

ちび太さんもジッと遠くを見てましたが、彼は、こういう景色をどういう気持ちで見ているのでしょう? いろいろ連れて行ってるので今更ですが、気になりますね。

04_20170910212120ac9.jpg



さて、今回はそのまま群馬に戻るのでなく、本栖湖畔にある「浩庵キャンプ場」でキャンプしました。

05_20170910212107b98.jpg

テントにいながら、1000円札の裏にデザインされた富士の風景がながめられるキャンプ場......ということで、かなり人気の高いキャンプ場です。

06_2017091021210833b.jpg

ワタシの左側は、写真でギリギリ切れてるぐらいのトコロにテントが張ってあり、右の空いているところも、このあと(こんな暗くなってから......)入ってきました。いくつか石が転がってますが、その横ぐらいにピッタリと.......。

正直、車中泊歴は長いですがキャンプ歴は浅く、こんなに混み合うモノだとは知りませんでした。



日が落ちると「涼しい」どころか『寒く』なってきます。このあと、前の扉を閉めて「引きこもり」状態になり、更にそれでも寒いので奥の部屋に入って早々に寝てしまいました。

07_20170910212110ed4.jpg



翌朝。僅かながら富士山を見ることが出来ました。ワタシは静岡出身で、自宅の窓から富士山が見える(今は建物が増えて見えなくなりました)ような環境で育ちました。だから、ある意味、望郷の思いで富士山を見てしまいます。

08_2017091021211123c.jpg

ちび太さんも多少はのんびりしていましたが、ペット連れが多くて、周囲の「気配」にビクビクしている感じがありました。管理人から「リードを着けなさい」と言われていながらも、放している飼い主も居ました。ちび太を脅かすようなら、石を投げつけてやろうといくつか準備していましたが、幸い、近寄らなかったので良かったです。

09_20170910212113004.jpg



いろんな意味で、今回のキャンプ場については「自分やちび太のスタイルには合わないな」と思いました。その話については、この「ちび太チャンネル」の中でも語っていますので、お時間がありましたらどうぞ。







Comment

Add your comment