FC2ブログ

日本最大の半島を縦断


最近、GWには西日本方面に行くものの、お盆休みには北海道や東北方面に行くことが多かったです。理由は簡単で、夏の西日本は車中泊で行くには「暑いから」。

で、昨晩も暑かった......盆の都合で「静岡発」だったのでこちらに来ましたが、チョット、後悔しています(笑)。

02_201708162021122f1.jpg

今回は国道42号線で伊勢方面から熊野方面に向かいました。ワタシは、全国に何箇所か「走ることが楽しい道」があると、このブログでも紹介しています。この道もそれに近いですが、チョット、キツめの上りや下りが多いので合格には至りませんでした。

03_20170816202113dce.jpg

最初の立ち寄りポイントは「馬越峠」。いわゆる熊野古道です。

04_20170816202114826.jpg

こんな感じの石畳の道を散策することができます。熊野古道はそこらに散在していますが、どこにも石畳があるわけではありません。如何せん「観光客」なので、効率よく雰囲気を味わえるところを選んで入っているワケです。

05_20170816202116b6e.jpg

もちろん、ちび太さんもいっしょ。ちび太さんは「大門坂」以外の熊野古道は初めてです。 昨日の雨で石畳が滑りやすく、コケないように気を遣いながら歩いてました。

06_20170816202118069.jpg

先ほど熊野古道は散在していると書きましたが、三重県の場合は道路標識が出ていますから、大まかな場所だけチェックしておけば、特に迷わず行けることでしょう。

08_201708162021194df.jpg

七里ヶ浜です。綺麗な砂利の浜という感じの写真を見ていたので寄ろうと思っていましたが、昼間だと、チョット撮影し難いですし、ちび太を歩かせるにも「熱い」気温になっていたので止めました。

09_2017081620212023c.jpg

熊野三山のひとつ「熊野速玉大社」の近くまできましたが.......ここはパス。 熊野神社は各々でペットに対する考え方が異なります。「ここだけ」は『獣だから入るな』という姿勢。ペット連れの方はご注意を。

10_20170816202122822.jpg

で、やってきたのは熊野那智大社。とりあえず来たものの、ちび太がずっと寝てたので「嫌がる(疲れた)かなぁ...」と思いつつ、「着いたよ」と声をかけたら、「行くもん!」と元気を取り戻していたので行くことにしました。 

....ま、結局はワタシが運ぶんですけど。

11_201708162021234bf.jpg

で、一番上までやってきました。ちび太さんはすました顔してますが、こっちは汗だくです。

12_20170816202125b9f.jpg

確か昨年のGWにも来たのですが、その時は霧がキツくて那智の滝を遠望することは全くできませんでした。今回はよく見えます....が、観光としてはイイものの、撮影となるとチョット興ざめです。 ちなみに前回は、その霧のおかげで大門坂の古道の写真が印象的に撮れました。

13_20170816202126192.jpg

その、那智の滝です。前回は上まで見えず霧の中から落ちてくるような感じでした。ま、理解してないでしょうが、ちび太さんに見せてあげられて良かったです。

14_20170816202128a98.jpg

これが、日本一のおみくじ、だそうです。子供連れとかだったら、手を出すトコロでしょうね(笑)。

15_2017081620212932b.jpg

那智大社は「汗だく」になるので、帰りにここで風呂に入るのがワタシの定番。大門坂駐車場のチョイ下にある土産物屋ですが、二階に立ち寄り湯があります。大人500円でこういう場所にしては良心的!!

16_20170816202131aa4.jpg

その後、国道168号を北上して紀伊半島を縦断しました。かなり走り応えのある距離で、こうして「滝」を横目に走ることも2度ほどあります。

できれば給油、トイレ、コンビニでの買い物などを済ませてから入っていくことをオススメします。また、国道....ではありますが、すれ違い困難な場所もそこらにありますので、狭い山道になれてない方は別のルートを選ぶことをオススメします。

17_2017081620213235e.jpg

北上する場合、前半は熊野川沿いに進むのですが、この川は異色の「色」をしてました。ワタシは風景写真がメインなので、地元だったら、撮影のテーマにしてもイイぐらい美しい川です。

18_2017081620211089b.jpg

全体の1/4ぐらいのトコロに熊野本宮大社があります。寄ろうかと思ってましたが、ちび太さんが疲れたようで、今回は反応が悪いのでパスしました。

で、今日は大宇陀の道の駅までです。



今日のテーマは「熊野」でした。熊野古道ではトレッキングとして訪れている人たちと多く会いましたが、逆に言えば「旅先でのトレッキング」は、よほど時間的、体力的に余裕がないと出来ません。

熊野古道は、ネットなどでも見所情報を得ることができますが、個々のコース(上記の通り分散していて、コース設定されている場所が多い)の所要時間は2~4時間で、それも「片道」の時間です。 地元や中京圏、近畿圏の人なら別ですが、遠方から来る場合は効率よく見所をおさえるような回り方をしないと、厳しい場所ですね。ちなみにワタシのオススメは大門坂と馬越峠です。





Comment

Add your comment