記事一覧

ヒメボタルに挑戦



この週末、群馬の猛暑を避けて長野の戸隠に行っていました。避暑というだけでなく、タイトルの通り、ヒメボタルの撮影に挑戦することも目的のひとつ。

01_20170716174536acd.jpg

夏の間、うちのハイエースの助手席はこんな感じになっています。よしずの四端にフックを付けてエアコンの吹き出し口やヘッドレストに掛けているのですが、これならサイドミラーも普通に見えるのでイイです。

02_20170716174537791.jpg

で、ちょっと寄り道して、「清らかな水がワサビ田を流れる風景なんて、イイじゃない?」と思って安曇野にある大王わさび農場に寄ったのですが......全然涼しくない(笑)。
あまりの気温の高さ、路面の熱さに、ろくにちび太さんを歩かせることもできず、水も「ぬるま湯」に見えるような状況(実際は、冷たいのかもしれませんが:笑)。早々に引き上げました。

03_20170716174539b53.jpg

そんなわけで、一気に戸隠の奥社の近くにある自然園の駐車場へ。実は戸隠は、神社も自然園も「ちび太さんは入れない」ので、ウロウロできるのは駐車場のあたりぐらい。

もう、16時頃になっていたのでお客も少なく、ここで薄暗くなるまで待たせてもらいました。気温は25℃ぐらいになっていたし、木陰も多いので路面も熱くなく、ちび太さんを歩かせるにも丁度良い感じでした。

04_20170716174541a38.jpg

18時頃まで仮眠して奥社前に移動。入口の脇にあるお店の前には15~20人ほどのヒトがいました。実はこの日は、ホタル観察会の日。予約不要なので1000円払えば私も参加できます。でも参加していると暗くなる前に現場に入れないので、そのまま参道に向かいました(今回が初めてだったので、キチンと生態の説明を聞こうかどうしようか悩んだんですけどね)。

05_20170716174542dee.jpg

18時半の時点で参道はこんな感じ(ちなみにこの日の日没は19時数分)。かなり寂しくみえますね(笑)。実はこの隣の自然園は、夜は、熊が出没する(大学の調査では18頭ほど出るらしい)ので、かなりガチな「肝試し」ができるスポット。このために、数年前からホタル観察会のコースも自然園から参道に変更になったそうです。

夜間は自然園の方には行かない方がイイですよ。
.....とはいえ、別に自然園と参道の間に柵があるわけでもないので、参道も、絶対的に安全というワケでは無いんですけどね。

で、ココから先のホタルの写真は、現在、現像中なのでありません。

2名の先行者がいて、いろいろと教えてもらいました。20代後半ぐらいの地元の人たちでしたが.....かなり「熱い」人たちでした。特に情報を隠すこともなく、観光の人らが来れば「こっちで見えますよ」とガイドしたり.....いや、頭が下がる思いでした。 おかげで、ヒメボタルの撮り方がだいぶわかりましたよ。

一緒になって23時ぐらいまで撮ってたら.....だいぶ疲れました(歳の差を感じました:笑)



06_20170716174543fcd.jpg

さて翌朝。実は奥社入口の脇(長野市街側)に、大きな有料駐車場が出来ていました。これは駐車場の中から撮っていて(ちび太さんの朝の散歩で歩いてました)、道路は右側を通っています。トイレも含め、とても「綺麗な観光地」になっています。

07_20170716174545f3a.jpg

でも、ワタシの車はこの駐車場の外....従来からの駐車場枠に停めています。
それはなぜか。

08_20170716174532c07.jpg

こちらだと有料時間は8時から16時なんですね。だから一晩停めても駐車料金は要りません。でも新しい駐車場は無人システムで24時間稼動していますから600円かかります。日にちをまたいでいるので、ヘタすると1200円になってしまうのかも。

09_20170716174533a48.jpg

帰りに小布施の町でも散策して帰ろうかと思ったのですが、行ってみたら「マラソン大会」で近寄ることも出来ない状況.....。なにもこんな暑い時期にマラソンやらなくたって、と、思ってしまうのはワタシだけでしょうか???

10_20170716174535ed7.jpg

というワケで、ちび太さんと善光寺にやってきました。善光寺といえば「牛に引かれて....」ですが、ちび太さんは「引く」どころか、歩かせると「もうやだ、抱っこ」になってしまい、ずっとこの調子(笑)。
境内はペットOKなのですが(ネットで確認しました)、さすがに建物の中は入れないので、大きな山門をみたり、周囲の宿坊の雰囲気を楽しんで(玄関先だけですが)、帰りました。


さてヒメボタル。上記の2名の方々によれば、この週末が一番の見頃になるだろうとのこと。先週は「飛び始め(先週も来たそうです)」で来週だと「もう遅い」らしい。
確かにワタシも満喫できました....が、レンズを向けた方向の飛翔数が少なかったので、たぶん残念な結果だと思います。市街はもちろん、道路からも離れ、巨大な木々が月明かりも遮るためにあまりに暗く、途中から「別の方向を撮ろう」ということができません。2~3歩歩いたら、自分のカメラの場所も分からなくなるぐらい暗いのです(笑)。
まだ明るいうちに「今日はココ」と決め撃ちするのが「戸隠流撮影術」のようです。

でも気に入りました。たぶん、来年も来ます。

それから....初めての場所、慣れてない場所で飛翔のピークを見定める一番簡単な方法は.....「地元の観察会のタイミングに合わせる」ことなんですよ。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -