記事一覧

谷川岳へ


今日は群馬の名峰 『谷川岳』 に登ってきました。

さて、いつものGPSログから。 .....といっても、谷川岳は(ワタシの場合は)ピストンなのであまり面白くは無いですね。 ロープウェイで天神平まで上がり、そこから天神尾根でトマの耳までの往復です。



今回は帰りのロープウェイの中でGPSの電源を切ったので、中途半端な所まで赤線が入ってますが、変な所に迷い込んだわけではありません。

上記はGoogle earthにログを載せたモノですが、実際の、今の山の状況はこんな感じ。



真っ白けです。 やっぱ冬山は怖いので、帰りたくなります。



........が、来ちゃいました(笑)。



ご覧の通り、ツアーか何か分かりませんが、うじゃうじゃいます。 ここ数日、ヤマレコなどにも特に情報が上がってなかったので、「入って無いのか?」「凄いラッセルとかになったらどうしよう.....」と不安に思ってましたが、この景色を見て吹っ飛びました。



早々に視界に入るのが、赤丸のトコロにある関越自動車道の換気口。これを見ると天神尾根を歩いてるな。という気になります。



視線を反対側に向けると白毛門が。これもまた綺麗ですねぇ!!

ま、そんな感じで周囲の景色を見ながら、緩やかな尾根歩きを続けると熊穴沢避難小屋(赤矢印)に到着!



知らないヒトが見たら 「へ? 小屋じゃないの??」と言われそうですが、実は小屋はこの柱の下。豪雪地帯の谷川岳にあるこの小屋は、冬季は雪に埋没してしまいます。


さて、避難小屋を過ぎると、急に傾斜がキツくなります。GPSのログデータをみても明白(笑)。言わんでもわかると思いますが、赤矢印のあたりに非難小屋があります。



ガシガシと登っていける体力があればイイのですが、そうもいかないので休憩しながら標高をかせいでいきます。 前にも書いたかもしれませんが、写真を撮りながら登ると、適度な小休止になってイイです。



ここは天狗のとまり場。 ここで上着を着込んだりしたのですが、必要以上に長く休み過ぎてペースが狂ったため、その後の登りがすーーっっっごくキツくなりました。 



でも、ここで上着を着込んで正解。その後、急に 「風通しが良く」 なってしまいました。 グローブも交換しとけば良かったです。 今日のような天気なら、軍手程度の厚さのインナー手袋+防水グローブで何ら問題無かったのですが、風が出ると、やっぱそれなりの厚さのグローブが必要になります。後で交換しましたが、しばらくは指がジンジンと痛みました。そうなる前に換えておくべきです。



上まで来るとこの道標が出迎えてくれます。 いつか、もっとビッシリとエビが付いてる時に来たいものです。



そして横を向けばこの景色..........怖いのに、辛いのに、来てしまうのはこのためです。

トマの耳(ピークのひとつ)では、皆、思い思いに過ごしてました。今回、登頂写真でなく、登頂動画を撮ってる人が多かったです。



というわけで、ワタシも撮ってみました。


GoProとかも気になるのですが、コンパクトカメラ持って、一眼のデジカメやフィルムカメラを持って、更にGoProって....どれだけ「収めたい」んだよ! って自分で突っ込みそうなので、止めてます。



ちなみに、天狗のとまり場から上に来ると、表層が凍ってくる感じがします。薄い場合はピッケルとか刺すときに微妙な「抵抗」を感じる程度ですが、カッチカチの所は、上の写真のようにアイゼンで体重が載ってるのにザクッと入らない場合もあります。
皆が歩いてる所、登ってる所は「掘り返されてる」ので、こういうことはありませんけどね。


さて、今回の写真は、オリンパスのOM-D(E-M1)で撮影しました。



高感度、長時間露出の時のノイズのヒドさは、部品(センサー)を無償交換してもイイんじゃないの?というホドなのですが、E-M1は比較的厚いグローブをしてても扱い易いし、グリップ感が非常に良いので山に持ってくるのには非常に便利。 何より、防水性や低温環境への耐性が高いのでラフに扱えるのが助かります。

今日も1日、外にさらしたまま使い続けましたが全く問題なし。また、木の枝に引っ掛けておいたら、ポキッと折れて落下。 雪の中に埋没したのですが、全く気にすることなく適当に雪を払って使い続けましたが全く問題なし。ま、5D MarkⅡでも同じような使い方をしてますが(笑)、 そういう仕様になっているか否かという差は大きいですからね。 




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -