記事一覧

帰ってきてます。


昨日は、サボってました(笑)。

昨日の出発は鳴門大橋の付け根の辺り。鳴門北ICから高速に乗りました(というか、高速でないと本州に渡れません)。橋の手前にみえる高架橋は、前日に歩いて渡ったヤツです。

01_201705042111485f6.jpg

そのまま淡路島は素通りして今度は明石大橋。昔はここにバスフィッシングに来ました。淡路島には数多くの「野池」があって、「全ての野池で爆釣!」という噂がまことしやかに流れていたためです。最初に来たのは、まだ明石大橋が出来る前で、明石からフェリーで渡りました。懐かしい場所です.....。

02_201705042111497b1.jpg

この日は5時起きで行動開始。混雑する前に兵庫~大阪を抜けたかったからです。反対車線は大阪から出る車で大渋滞になっていましたが、こちらは「ほどほど」で済みました。iPadでGoogle Mapの交通状況を表示させ、どんどん「赤く染まっていく道」を横目にみながら「早く抜けてぇ~!」と(笑)。

03_20170504211151dc2.jpg

で、やってきたのは奈良公園。昔は奈良公園の外れに大きな駐車場があったと思ったのですが、今は無い.....んですよね。見当たらないので、今回は「奈良登大路自動車駐車場」に停めました。1000円/日で時間を気にせず利用できます。
奥の方に見えるのは東大寺の大仏殿です。ちび太さんもとうとう大仏参拝ですよ!!

04_201705042111520b1.jpg

下に降ろさなければ、ちび太さんも入れます(入口で確認しました)。鳥居や山門に「ペット立入禁止」と書いている寺社も多い中、この東大寺にしても数日前の出雲大社にしても、こういった著名な寺社で許可されているのは、逆に、驚きです。

05_201705042111543fc.jpg

二月堂にも行きました.....が、逆に、奈良公園の散策はここまで。この数日間、機材とちび太さんを担いで渓谷に入ったり、金比羅さんの石段を登りきったり、坂の町を延々と歩いたり.....そこらでちび太さんを「抱っこ」しての散策が続いていましたが、チョット、私の腰が悲鳴を上げ始めたのでここまでにしました。

06_20170504211155f6e.jpg

奈良公園の鹿たちとも会いました。ちび太さんにとって、犬以外の動物とこんなに接近するのは初めて。

07_20170504211157dab.jpg

その後は、ほぼ東に向かうカタチで鳥羽へ。フェリーに乗って伊良湖へショートカット。実はちび太さんはフェリーが苦手。乗り込む時がピークで、助手席~運転席~後ろと飛び回ります。大きな鯨にでも飲まれるように感じているのでしょうか(笑)。
苦手なのは承知していましたが、名古屋方面へ向かう車の渋滞情報が入ってくる中、「中京地区はパスしたい....」というコトでフェリーを選択しました。

08_201705042111584b7.jpg

こうしてフェリーに乗っていると、改めて「あぁ今回の旅行も終わりだなぁ」と思うワケです。

09_2017050421120063c.jpg

で、昨晩は静岡の実家に寄って泊まりました。実家の豆柴のエルです。両親の墓石にも参り「今回も旅行してきたよ」と報告してきました。 去年は電話で「帰ってきたよ」と報告してましたが.......改めて「変化」を感じますね。

10_201705042112013d8.jpg

今日は静岡から群馬なので、ほとんど「慣れた道」です。でも、こんなに混んでたのは久しぶり。実家を出て数分、バイパスに乗ったと同時に後悔しました.....渋滞してたからです。 ここは国道1号なので仕方ないトコロもありますが、今回は甲府に向かう国道52号線でも何箇所か渋滞していました。

11_20170504211203d5f.jpg

そんな渋滞の原因はいくつかありましたが、その中の一つに「彼ら」がありました。52号線は曲がりくねった先の見難い区間もあって、そんなトコロに「彼ら」がいると、抜きにくくなります。隣の車を避ける為でしょうが、こんなトコロまで車道に入り込まれては怖がってしまうのも仕方ないです。

12_20170504211145896.jpg

挙句、甲府盆地に入ったあたりで、車の流れが止まりました。事故です。救急車が来る前で、私の数台前でした。

13_20170504211146fd2.jpg

運ばれていったのは....上記ような「自転車乗り」です。警察が来て流れ始めた時に見たら、自転車の仲間なのか、そういう格好をした連中が、警察に事情徴収されてました。

事故にまで至った姿を見ては「ざまぁみろ」とは言いませんが、「そら見たことか」とは思います。当然です。ワタシ自身、その数時間前に『怖ぇなぁ』と思いながら抜いているのですから。 同時に自動車の運転手.....恐らく『加害者』になるのでしょうが、こういう状況を鑑みると『被害者』と言っても過言ではないです。チョット可哀想になりました。



前にも書いたかもしれませんが......、彼らはスポーツとして走っています。スポーツとして走っているから、買い物のオバちゃん連中や、通学の学生などとは違う速度で、違う場所を走っています。スポーツなので車両には車検もなくロクな法規も無いままに走っています。

.....が、ここは公道です。球場やコートでトラブルが起きても「車」との「事故」は起きませんが公道ではこうした事故にも至ります。逆に言えば、公道で、車道で、公然とスポーツしてるのは連中ぐらいでしょう。
その認識が甘い....甘やかされている.....から、こういう事故が起きるのだと思います。

サイクリングロードに限定し、車両と隔離したトコロで走ってもらうべきでしょう。他のスポーツはみんなそうです。 そうでなければ.....極端なコトを言えば「峠の走り屋 = モータースポーツ」だって、公認されてもおかしくないのです。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -