記事一覧

四万で撃沈


今日は、朝7:00から行動開始。昨晩、前橋では雨が降っていましたが、それが山側で雪になる予報だったので、その状態を撮ってこよう!.....というワケです。

ただ、先週は体調を崩していたので無理をする気にはなれず、行き先は四万温泉に決定。「山側」といっても、上記の通り、冬山に入って撮るつもりは無かったので、ブラッと撮るなら何か「+α」が欲しいな....というワケで「温泉街」にしよう! と、四万温泉にしたわけです。

渋川あたりを走ってる間は、ただの雨上がりの曇り空です。

01_2017040117494015a.jpg

それが中之条から四万方面に進むにつれ、山が白くなっていきます。

02_20170401174941f21.jpg

今日の目当ては、この「積善館」です。「千と千尋の....」の建物のモデルになった旅館(....のひとつ)です。この建物、もしくはその背景に雪を絡めて撮れないか?というワケです。だから草津でも伊香保でも水上でもなく、四万にしたのです。

03_20170401174943ec3.jpg

到着! いつもの「河原沿いの駐車場」に車を停めて温泉街方面へ。 でもこの時点で、もっと標高の高いトコロにしか雪が積もっていないことが分かったので、あとは、背景にどう絡めることができるか?というコトになりました。

04_20170401174944c3b.jpg

で、この有様をみて「ガッカリ.....」。川沿いのトコロの改修工事をしてました。下をカットする手もありますが、それは「主役」で無くなることを意味します。他に写り込むものが無いならともかく、脇にも奥にも他の建物が写り込むので....もう「主役」では無いですよね。 また今迄の経験から、建物は地面もしくは基礎から写っているか否かで「安定感」が大きく違ってきます。木もそうです。

こういう風に、どこまで写り込むようにするか(フレーム枠をどこに決めるか)を、『フレーミング』と言うのだと思ってます。また、そのフレーム枠の中で主役や脇役をどう配置するかを『構図』と言うのだと思ってます。どちらが先というコトは無く、双方のバランスがとれる場所を探すワケですね。

今回は、この工事に加え、背景の山も僅かしかフレームに入らないことが分かったので「参りました!」となりました(笑)。部分的に切り取れるだけの望遠レンズがあっても、今度は「積善館であることが分からなくなる(笑)」ので、ここにこだわるのは止めました。

05_201704011749343b3.jpg

で、諦めた私は、さらに北側にある奥四万湖に向かいました。更に標高が上がるので、雪のついた木々が近くなってきます。

06_201704011749350cd.jpg

奥四万湖は、温泉成分の影響からか水の色が特に青くなっている特長があるのですが、今日は曇っているのでそれほど派手になってませんでした。それでもこちらの方で何枚かイイ感じになってる(と思う)写真を撮れたと思います。

07_201704011749377ac.jpg

その後、太田にあるジョイフル本田に行き、二階で額縁を購入。ワタシは、一昨年に母を、また昨年には父を相次いで失いましたが、これまで母の写真だけキチンと額に入れて飾っていたので(笑)、二人の写真を収められるものを購入しました。遅くなって悪かったねぇ。父さん。

08_201704011749384f5.jpg

この週末、ホントは「カタクリ」の花を撮りに行こうと思ってましたが、こんな雪景色の撮影をするとは思ってませんでした。 前橋市内の公園も、花見の屋台が並んでいるものの、主役の桜がまだまだ.......という状況になっています。  甲府の方にも桜を撮りに行きますが、この週末は甲府の方もかなり寒くなったようなので、来週末というよりは更にその次かもしれませんね。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -