記事一覧

山梨に下見へ.....


今日は、ちび太さんと山梨に行ってました。撮影地などの下見です。

今年は「富士山」をテーマのひとつに挙げたいと考えており、撮影地をピックアップしています。その関係で、何箇所か下見をしておこうかな....と。

.....といいながら、前橋公園でのちび太さんの散歩から始まるのはいつものコト。

01_201703042249313f5.jpg

これがあると、車中での落ち着きが格段に違いますから。

で、秩父から雁坂峠を越えて山梨へ。 これは雁坂トンネルを過ぎた先のダム湖です。白く見えるのは凍っているから....。10年ほど前は「普通」の風景でしたが、徐々に全面結氷している姿は拝めなくなり、ここ数年はほとんど凍らなくなってました。数週前の西沢渓谷で見た時と同様、積雪は少ないままのようですが、今年は冷え込んだようですね。

02_20170304224932398.jpg

最初に向かったのは笛吹川フルーツ公園......の奥。 これはフルーツ公園の建物です。県立の公園なので立派なモンです。

03_201703042249347fe.jpg

途中で思わずクルマを停めました。 な........なんと、名探偵「金田一耕助」で有名な横溝正史先生の住宅がこんなトコロに!? なぜ(東京にあるはず)......?と、吸い込まれるように中へ。

04_201703042249351cf.jpg

東京で晩年まで執筆に使用していた家屋を、いろんな縁があって(仲介に入った古本屋の出身地がココだったり、先生自身も療養の移動の際にこの地に降り立ったことが多かったことなど)、山梨市の協力のもとに移築されたそうです。

資料展示などもありましたが、管理をしている方が当然ながら「横溝マニヤ」で、いろいろと話を聞かせて頂くことができました。かくいうワタシも学生の頃からのファンなので、かなり、マニアックなネタで盛り上がりました(笑)。高専の寮の機関紙に「犬神家の一族」に関する寄稿もしてたぐらいです。

05_201703042249371cd.jpg

これは、毎年11月の最終週末に倉敷で行われるファンの集い(そういう場があるのは初めて知りました)のポスターの一部。これを読んで「フッ」と微笑んでしまうのは『通』です(これは「獄門島」で鵜飼青年が鬼頭家の月夜に宛てた手紙をモジってます)。
岡山(倉敷)というのも意味があります。横溝作品には、上記の「獄門島」の他にも「八つ墓村」「悪魔の手毬歌」といった名作がありますが、これらは全て岡山が舞台で「岡山三部作」などと呼ばれているワケです。横溝先生自身、岡山に疎開していたことも関係しますし、岡山の疎開時代にこれらの名作のヒントを得たというのも有名なハナシなのです。.....と、語りだすとキリが無いワケです(笑)。

06_20170304224938432.jpg

また、今回初めて知ったのですが、映画「悪魔の手毬歌」は、山梨県の甲斐市でロケされたとのこと。.....唖然です。 六道の辻がこんな近場にあったとは!!!! ...ホントにキリがない。



ハナシを戻しましょう。ホントの目的地は、ここ「ほったらかしキャンプ場」の下見だったのです。今年はキャンプを始めたいと書きましたが、そこで調べるうちにココを知りました。

07_2017030422494016d.jpg

現在も造成を続けている「新しい」キャンプ場です。新しいので、まだ「緑に覆われた」という環境になってません。

08_201703042249418bb.jpg

でも、まだ3月上旬だというのに、こうして多くの方が訪れてきていました。

09_2017030422494312c.jpg

なぜ、わざわざ下見に来たのかというと、ここは甲府盆地(の一部)を眼下に、富士山も遠望できる(この時は雲で見難かったですが赤丸のあたりに見えます)という、夕景から夜景、そして朝の光景も楽しめるキャンプ場なのです。 で、どの場所からどう見えるかを確認したかった....というワケ。

10_20170304224922412.jpg

更に、このキャンプ場から歩いて5分ぐらいのトコロに「ほったらかし温泉」という温泉施設まであるのです。風呂に入ってサッパリしてから夜を迎えられるのは嬉しいですね!!  ここの露天風呂からもキャンプ場と同様の景色が眺められ、日の出の1時間前から営業しているので露天で日の出を拝めるらしいです(たぶん撮影してるので風呂には居ませんが)。

11_20170304224923d50.jpg

う~ん、ちび太との初回のキャンプ場はココに決めた!.....あとはいつ行くかです(笑)。

で、今日はもう1ヶ所、別の下見の現場に移動しました。 それが「新道峠」という有名スポットです。検索すればいくらでも写真が出てくると思うのですが、駐車場が狭いようで、そこから登山道を通って行く必要があるようなので、どんな感じか下見に来たわけです....が、冬季通行止めになってました(涙)。

12_20170304224925857.jpg

クルマでアプローチできるのは北側斜面なので雪が多いです。閉鎖は12/10~4/25と書いてありました。Google-mapで調べてみたら、無雪期の駐車場(林道の終点)まで、まだあと1.7kmあるようです(歩いて30~45分かかるでしょう)。

13_20170304224926920.jpg

でも、ワタシのほかにもう1台。撮りに行ってる人が居るようです。このまま夜まで粘るんでしょうか?凄いですね。

14_2017030422492825c.jpg

ワタシは帰りましたけど(笑)。

河口湖の大石と笛吹市を結ぶ「若彦トンネル」というのが最近出来たので、この新道峠は、河口湖側からも簡単に行けるようになりました。

15_20170304224929e95.jpg

今回は河口湖側に抜けました。昔はバスフィッシングの為に数え切れないほど河口湖には来ましたが、もう、だいぶご無沙汰です。 湖岸の景色も変わりましたね。 昔はバスフィッシングのメッカといえるほど、釣り客中心の景観が広がっていて、ロッドを持ったヒトがそこらにいましたが、今は「こじゃれた」観光地に変貌していました。

帰りにダラダラと一般道を走っていたら、群馬に戻るのが20時頃になってしまいましたが、有意義な1日を過ごすことができたように思います。  とにかく、横溝先生と山梨市の関係が、今、こんなに深くなっていたとは.....近くを何度も往来していながら(実家への経路なので)知りませんでした。不覚です。 う~ん、明日、映画を見直してみようかな。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -