記事一覧

巾着田の曼珠沙華

今日は有給休暇をとって埼玉の巾着田に行ってきました。
彼岸花(曼珠沙華)の撮影です。

開花状況などはこちらで確認できるのですが、日本最大級の群生地で、東京から近いこともあり、かなり多くの人たちが訪れます。周囲の道路もかなり渋滞しますので、それなりの覚悟を以って訪れてください。

というわけで群馬を6:00頃に出発。7:30頃には着くだろうと予想していたのですが.....。

01_20160927174821226.jpg

まだ7:00頃なのに、高速から降りる前にインター出口で渋滞に....。左を見ると分かると思いますが、一般道への合流も滞っています.....(-_-;)。

この時点で帰ろうかとも思ったのですが、よくよく周囲を観察すると、一般道は上下線とも混雑しているので巾着田が原因で無い模様。 どうもこれはただの「通勤ラッシュ」だったようです(それはそれで『唖然』ですが)。

02_20160927174823608.jpg

この時期、高速の料金所を出たトコロから巾着田の看板が出るので、圏央道の狭山日高ICを目指してくれば、ナビの必要も無いほどです。

03_20160927174824936.jpg

予定より30分遅れ、約8:00に到着しました。既に40%ぐらい車が入っていました。今日は平日なので、朝に強い年代層の方々が中心だったこともあると思いますが、やはり皆さん、渋滞を承知していて早々に出てきたのでしょう。

そうまでして見ようとする情景というのはこういうモノ。

04_20160927174826ffe.jpg

巾着田は川沿いに細長い群生地なのですが、大きく、上流側から下流側へ満開時期がずれていきます。これは上流側ですが、撮影するなら上流側の方がオススメです。今回は下流側も満開になっていたので、上流の撮影にはチョット遅かったです。上記のサイトで開花時期をチェックできますが、撮影なら、上流側の満開のタイミングに合わせて来ることをオススメします。

05_20160927174820d1b.jpg

当然、ちび太さんも御同伴。今日は多くの方に「かわいい!」と言われ、4人の方に「撮影してイイですか?」と問われたほどの人気ぶり(ちなみに「飼い主さんはそのまま向こうを向いて撮影してて下さい。」....と。)

...........あとで「いい気になるなよ....」と釘を刺しておきました。



07_201609271749067c7.jpg

巾着田は横に川が流れていて河川敷で休憩できるので助かります(休日だったら子供が多く居そうなので無理ですが)。


08_201609271749087b7.jpg

今日のメイン機材はこれ。キャノンEOSに70-200mmの組み合わせで80%ぐらい撮ってました。×1.4も試しましたが、そこまで使わなくても良かったです。 ※ちなみに、これも前の写真もそうですが、ちび太さんはリードを着けてますのであしからず。


09_201609271749094c5.jpg

こんな方々も居ました。コスプレイヤーの撮影です。これ、カメラマンがモデルを雇っているのか?コスプレイヤーがカメラマンを雇っているのか? 興味があるものの質問する勇気がありません(笑)。

また、このワタシの写真の撮影位置からもわかるように、巾着田は散策路が縦横に設定されているので、立ち位置を工夫すれば花を前景と背景において人を撮ることができる一方、風景として撮ろうとすると「人が写り込み易い」という大問題があります。
上記、望遠側のズームレンズを使っていたのはそのため。一面の群生.....と思うと広角をメインにしたくなりますが、巾着田は「望遠の圧縮効果」を活かしつつ、画角を絞ってヒトを入れない。という工夫が必要です。また上流側がイイと言ったのは、逆に、下流側は花畑が狭い一方で散策路が細かく設定されているので更にヒトが写り込み易くなってしまうからなのです。


10_20160927174911322.jpg

さて、帰路についたのは11:00頃ですが、反対車線は巾着田へ向かう長い渋滞ができていました。最後尾の人、1.5~2時間ぐらいかかると思います。やはりここは、早朝に来て人が少ないうちに撮影して帰るのが一番です。

※備忘録的に書いておきますが、今回、7:30着を目指して通勤ラッシュに巻き込まれました。6:00着ぐらいを目指した方が良いように感じました。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -