記事一覧

RAW現像

このブログでも幾度か「RAW現像」という言葉を使っていますが、今日は、どんなコトをやっているのか紹介しましょう。

「raw=生」で、RAWデータとはカメラのセンサーがとったままの生データということになります。 デジカメは、センサーの情報を元にカメラの中で「写真に仕上げている」ワケです。 デジカメには「モノクロ」や「絵画調」の様な効果をつける機能もありますが、それは、この仕上げの『おまけ機能』みたいなモノです。

P6180041-3_20160618144353ff4.jpgP6180041-4_20160618144351150.jpg

デジカメの写真はjpeg形式で保存されているのが一般的ですが、「RAWデータを元に仕上げた写真をjpeg形式で保存してある。」 というのが正しいです。 jpegデータは「既に仕上がっているモノ」なので、「あとでPCで写真を仕上げよう」とする場合、調整できる範囲も限られ、無理な処理をすれば逆に画像が汚くなります。一方のRAWデータは、元々が写真に仕上げるための素材となるデータなので、幅広く細かく調整して仕上げることができます。

このRAWデータをPC上で写真として処理することを「RAW現像」というのです。

RAW現像をするソフトウェアは、RAWデータを保存できるカメラを持っているなら、買ったときに付属してると思いますし、カメラメーカーのホームページからダウンロードできると思います。ワタシは、専用ソフトのPhotoshop Lightroomを愛用しています。

00_20160618143940b98.jpg

作例として、廃墟で撮影した写真を挙げてあります。パッと見てわかるように、明暗の差がかなり激しい例です。右上にヒストグラムというグラフが出てますが、左右端に値が出ていて、中央の値が乏しい分布になっているのが分かると思います。これは明るい部分(画素)と暗い部分が多くて中間の明るさの部分が少ないことを意味します。

01_2016061814394196a.jpg

先ずは元の状態。
この状態で「シャドウ」を上げるとこうなります。

02_2016061814393678b.jpg

窓の外は同じ明るさで、室内の暗い所だけが明るくなったのが分かりますか?単に「露光量補正」で処理すると、どちらも明るくなって窓の外が真っ白になってしまいますから、そこが違うトコロです。窓の外が明るすぎるので、今度は「ハイライト」を下げます。

03.jpg

主に窓の外が暗くなりました。

このままカラーで現像を続けても良いのですが、畳やたんすなどの光の変化が良い感じに見えたので、モノクロに仕上げることにします。カラー⇔モノクロも自由自在です。

05.jpg

当然、色情報が無く、色の破綻を気にする必要がありませんから、モノクロの方が「派手」に調整していくことができます。「シャドウ」を最大まで引き上げて「黒レベル」を下げて締めてみました。

06_20160618144059cb4.jpg

シャドウを極端に上げると「黒」が「グレー」になっていくので、「黒レベル」を下げて黒をチョット濃くして調整するワケです。全体的に光が回った状態になり、かつ、トーンの変化を楽しめるような状態になったと思います。
あくまで、これは味付けの一例です。もし「外の明るさ」を強調したいなら、「ハイライト」や「白レベル」を上げてやれば、窓の外のまぶしさを表現することもできます。

06-2.jpg

記録写真なら現実に忠実にあるべきでしょうが、作品として仕上げようというのなら、作者の「意図」が入って然るべきです。

「パソコンでイジって絵を変えるのは納得できねぇな」と主張される方と現場で会うこともありますが(GW中に四国でも力説されました:笑)、例えばモノクロフィルムのプリントでも「覆い焼き」「焼き込み」「フィルター」などの技術が昔からあり、イジっていますからね(笑)。 たぶん勘違いされているだけで、写真の上に絵の具で色を付け全く違う印象にしてしまうような印象を持っているのでしょう。 上記のようにRAW現像は、特にLightroomで処理する範囲は、フィルムの頃から行っていたような処理をデジタル環境で行うものです。

過度の調整は別としても、「表現したいから写真を公表する」のであれば「表現の意図を明確にする」のは間違ってないとワタシは思います。


追)
よくRAWデータを「フィルムみたいなもの」と表現しますが、それは適切で、更に言うなら、デジカメのjpeg画像は「同時プリントみたいなもの」だと思います(.....言ってる意味が分からない世代の方が多い??)。 フィルムだけ渡されても鑑賞できませんし、一般的な条件でプリントしたものに相当するのがjpeg画像かな?......と。 更に更に言うなら、RAW現像はフィルムのプリント条件を細かく指示して仕上げるラボ仕上げのようなもの。だからキチンとRAW現像できた写真は、キッチリ、同時プリントとラボ仕上げの違いが出てくるワケです。 逆に言えば、いくら良いカメラやレンズを持っていても、RAW現像の技術も持たないと「非常に勿体無い」ことになると思います。
RAW保存できる機種をお持ちなら、試してみては如何でしょうか???



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -