記事一覧

子持山で調整

ちび太さんと子持山に行ってきました。

子持山は渋川の北にドンと構えてます。

国道17号で渋川インターに向けて北上してると、こんな感じで正面に見えるのが子持山です。

登山口への道がチョット分かり難いです。

国道17号から赤城インターに行く交差点の『次の』信号交差点を左折。ただ、その間隔は100m前後なので直ぐに左折という感じ。

道なりに上がってきて、こんな感じの全く目印になる店も看板も無い交差点(T字路)を右折。

ここが一番、説明しにくい交差点です。

そのまま道なりに進むと子持神社の鳥居が見えます。子持神社でナビ設定すれば来れると思います。この鳥居のところで右折し、鳥居をくぐって山の方へ。

その先、20~30m先にY分岐がありますが、それは右へ。で、あとは........

こんな感じの狭い林道みたいな道を延々奥に進んでいきます。

途中、子持神社の入口などがあります。何箇所かT字路とかありますが、ほぼ「道なり」でOKです。

「え、いいの」という感じの1台しか通れないような道を進むので不安になると思いますが、上記のような橋を3~4回渡ると、10台前後停められる駐車場が2回出てきます。

どちらにも大き目の登山道マップが掲げてあります。上が7号橋駐車場、下が6号橋駐車場

今日は6号に停めて、6号と7号の間にある登山口から入っていくことにしました。

熊出没注意の看板が........。早速、ザックから熊鈴を取り出して装着しました。

この登山口は、ハッキリ言ってマイナーです。大抵の人は7号駐車場の先にある登山口から入っていきます。

だから.........くもの巣が鬱陶しくて..........。踏み跡もあまりハッキリしたのが無いし、倒木が道をふさいでたりするし、あまりオススメできるルートではないです。

ただ、下からもみえる電波塔(反射塔?)の脇を通る時に、ここで若干、周囲が開けて展望できます。


7号橋駐車場の北側から上がって来るコースと交わった先に「獅子岩」があります。獅子岩に近づくあたりから急登になって岩の露出も増えていきます.......。

ちび太を抱えていると、足元が見えにくいのでこういう場所は苦手....慎重に登っていきます。

で、獅子岩へ。


ちび太も獅子岩からの展望を楽しみました......。
ちょうど眼下の「谷」になってるあたりから登ってきたのだと思います。

今日は1ヶ月ぶりぐらいだったのでここまで! そのまま戻るのでなく、7号橋駐車場方面に下りていきます。
先ほどの岩場がツラかった.....。ストックでなく、グローブをはめて周囲の岩とかを頼りに降りていく方がイイですね。


途中、歩き易そうなトコロにくると、ちび太が身を乗り出すように「歩かせろ!」とアピールするので歩いてもらいました。

..........が、そのうち、「道」が「沢」に。

昨日ぐらいから天気がよくなりましたが、その前まで、しばらくスッキリしない天気が続いてましたからね。この沢筋に向かって左右の山肌から小さな流れが入り込んでいたのです。

もともと沢に沿ってる道なので、よくあるコトなのだと思います。 ここも小さな滝になってますが、別に濁ってる水ではなかったので、顔を洗いました。  .......すっごい気持ちイイです。


屏風岩が木陰から見えてきたら、あと少しです。


その下には、役行者(えんのぎょうじゃ)の石仏があります。 石仏撮影が好きなワタシにはたまらない......。

足元あたりも顔の回りも、良い感じの陰影が出るように彫られています。コンデジじゃなく、しっかり向き合って撮ってみたいですね。

さて、ここまで来たら林道(舗装道)まではこのスロープを下るだけですが、これが曲者。

ここは木でできたスロープです。こういうトコロは、雰囲気は良いのですが雨が降ると滑りやすく、山あいにあって苔とか付きだすと湿っているだけでも滑りやすくなります。滑り止めの木が横に渡してあるので歩けますが、これが無ければ.........ワタシなら使わずに脇を通ります。 というわけで、滑り具合を確かめながら慎重に歩いた方がいいです。

さて、あとは舗装道なので、また、ちび太さんが歩きました。でももう人間だったら50代のちび太さん。
最初はこのように前を歩いていますが、そのうちペースが落ちてくるのが最近の傾向。 無理はさせずにペースが落ち始めたら「抱っこ」してます。チワワは足が細いので、無理をさせると怪我や病気の原因になりますから。


さて、今回の子持山ですが、一言で言うと「滑りやすい山」という印象。前にも滑って四十肩のような症状の原因になりましたし、上のスロープもそうですし、道が全体的に.........そんな印象なのです。

でも獅子岩からの眺めがとてもイイので......多分、一番多く来てる山じゃないかと思います。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -