記事一覧

蛍撮影

土曜の夜に信州の辰野にホタルを撮りに行きました。
 
まずは状況。
奥の方にぼんやりと写り込んでいるのは、みんな人間です。

 
さすがに土曜の夜とあって凄い人数でした。 こうなると三脚を堂々と拡げて写真を撮るのが難しくなってきます(極力、拡げずに撮ってました)。場所によっては、立ち止まることもできません。
ひっきりなしに「ストロボを使わないで」「明かりで照らさないで」と放送が入っているにもかかわらず、そこらで光っていました。ホタル撮影は長時間露出が基本ですが、私は30秒以下で撮っています。理由はまさに上に書いたようなヒトがいるからで、長時間にするより細かく撮って「余計な光」が入ったモノはドンドン除く方が良いと考えているワケです。
また「ホタルを採るな」と言っているのに、子供のために必死に採ろうとする親を何人も見ました。ホタルを見せたい気持ちはわかりますが、逆に、その子はヒトとして大切なものを失うということに気付くべきだと思いますがねぇ。
 
あと、上の写真で妙な点。判りますか?
あまり舞っていないんです。 数はとても多いのに飛んでいませんでした。ホタル撮影は飛んでいる時の軌跡を残す撮影なので、これは困る.....。原因はおそらく気温でしょう。
日が暮れてから急に寒くなり、Tシャツ一枚で出て行った私は「寒くて帰りたい」と、それで切り上げてしまったほど(当然、Tシャツ以外、身に着けていないわけではないです:笑)。結構、苦労しました。今年は。
 
ま、そんな中の今年の1枚はこれです(ちなみに、複数を合成したワケではありません)。

 
せっかく辰野に来たのだから広いフィールドの迫力ある映像を、と思っていましたが、上記の通り、あまりに観客のマナーが悪く、30秒間隔でもほとんど残らないほど頻繁に余計な光が入るため、そちらは諦めました。
 
さて、その夜は諏訪湖の釜口水門の近くにある駐車場で車中泊しました。

朝にその周囲を散策です。

釜口水門は天竜川の始まりになるんですね。知りませんでした。
 
その後、木曽路方面に足を向けました。
ここは奈良井宿の木曽の大橋。朝早かったので、ほとんど貸切状態で撮影できました。

でも、ちび太は飽きてしまったのか大あくびです。
 
しばし奈良井宿を散策して、その後、開田高原方面から高山に抜けました。

これは御嶽山。日帰りができないので今は行けませんが、いつか、登ってみたいです。
 
で、高山から安房峠へ。ここは、安房トンネルの料金所近くにある平湯大滝。今回、初めて寄ってみました。

駐車料金500円を請求されますが、足湯もあったりして、結構、良いドライブスポットだと思います。
 
1泊2日なのでバタバタした移動になりました。今朝の段階で、木曽方面に行こうか、南八ヶ岳方面に行こうか悩んだのですが、若干、遠いものの、1日満喫して走破できそうなルートにしました。
 
それからホタルの件、今年は、日本語でない人たちが非常に増えていました。ストロボをつけて写真を撮り、タバコを吸い歩きながら練り歩く連中...........開催側も大変でしょうが、注意書きは多国語表記にすべきではないかと思います(せめて中国語だけでも.........)。
多くのホタルの乱舞が見れるとしても、こんな状況で裏の水路の写真を撮ることになるんじゃ、意味がないしなぁ。.............せっかくの大場所だけど、他を探そうかなぁ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -