記事一覧

赤城長七郎山

今日は赤城山にスノーシューハイクに行ってきました。
 
GPSログです。このルート。実は山と渓谷社の「ワンゲル ガイド ブックス:雪山エントリーコース」に載っている「赤城山」のルートとほぼ同じです(最後がチョット違いますが.......)。
 
 
 
赤城山へ登る道路は除雪されています。 ただ凍っている場所がそこらにあるので速度は控えめに。

この条件下に自転車で上がっていく人がいました。
こんな時期に、こんな場所を走るという危険性をどう考えているのでしょうか? 本人は「自己責任」と思ってるのかもしれませんが、公道では本人の怪我だけでなく他の車が『関与させられる』可能性も高い。 この状況では、目の前で転ばれても、停まったり避けたりすることができない可能性もあるのです。
 
 
赤城ビジターセンター前の駐車場です。思っていたより沢山の車が停まっていました。

 
 
何かの撮影ツアーのバスが入ったため、覚満淵はカメラマンがてんこ盛り。 ほとんどが高齢者でした。
皆さん、元気ですねぇ。 

 
 
最近、シカの数が増えて問題になっているようですが、覚満淵も対策ネットが張り巡らされています。
このネット、腰ぐらいまでの高さしかありません。スノーシューはいてストック持ってザック背負っての状態では、まるで「障害物競走」です。奥日光の戦場ヶ原周辺のように、せめて、人の背丈より高くしてほしいものです........ 
 
 
鳥居峠から小地蔵山を巻くように長七郎山へ向かいます。トレースがあったから良かったようなものの、無かったらだいぶ時間がかかったと思います。 慣れてない人はトレースが無かったらやめた方がイイかも。 直角的に曲がってて、トレースがあっても「あれ、消えてる」とドキッとする場所とかもありましたから。

 
 
立派に成長した雪庇もありました。 .........というか、雪庇より、ここはかなり急な斜面のプチ・トラバースみたいになってて、今日一番の緊張したスポットでした。

でも、雪庇って、こうしてみると結構『美しい』.......。 ま、撮り歩こうとは思わないけど(笑)。
 
 
そのまま進み、チョット坂を上がると小沼平。小沼の駐車場から来た道と交わります。

 
 
この先、前に来た時には野生動物(?)のおしっこの跡がそこらにあって極めて不愉快な区間だったのですが、今回は一切無し。 (あれは一体何だったんだろう)と思いながら先を進み尾根に出た辺りがココ。

 
 
この尾根。東側(左側)に雪庇ができるので、絶対に先端側に行っちゃイケません。

 
 
で、到着しました長七郎山。 今日は、私の他に頂上で3名。その先で2名とお会いしました。

 
 
頂上から見た北側。手前のは駒ケ岳と黒檜山。奥に広がるのは........知りません(笑)。 でも、北側はくっきりと遠くまで見えて綺麗でした!

 
 
対して南側の遠くはかすんでいます。赤城山は関東平野の北の端にあるので、関東平野を一望できるはずなのですが、それほど遠くまで綺麗に見えたことはありません。

 
 
西側を見ると地蔵岳と荒山の間に浅間山などが見えます。 今日こそは頂上で湯をわかしてコーヒーでも飲もうかと思っていましたが、風が強くて寒いので、水だけ飲んで早々に下りました(笑)。

 
 
小沼まで降り、暫く湖岸沿いを歩いてから湖面に出ました。風が強かったせいか、氷の面が出ています。

 
 
所々にイミリ(静岡弁で『ひび』のこと:笑)が入っています。凍る際の膨張のせいでしょうか?いずれにしても気分良くないですが、ココより低いところにありココより大きい「大沼」でも上を歩けるのですから、ま、問題無いでしょう。

 
 
池を渡り、小沼の駐車場脇に出ます。そこからしばらく公道を通ります。危険なので、車が来たら上に上がってやり過ごします。

 
最初のコーナーの脇をよじ登って登山道に戻ります。でもここで合流する登山道を使うなら、駐車場から下るのでなく、八丁平(地蔵岳の登山口)まで上がり、そこから入る方が一般公道を通る危険も避けられます。

 
 
で、その登山道(?)がこれ。 今回は全般的に積雪量が多く、スノーシューでもひざぐらいまで沈むことが多々ありましたが、この区間も深かったですねぇ!!!

 
 
しばらく進むとスキー場の脇に出ます。 ここでほぼ終了。あとはビジターセンターに戻るだけですが、公道は怖いので道路わきの木の間を通ったり、裏道を通ったりしながら戻りました。

 
スキー場.........

スキーをしている人はいません。 ちびっ子のソリ遊び&雪遊びフィールドですね。逆に、子供がいるのでスキーは出来ないのでは???  でも、スキー場.........。
 
ちなみに「富士見村」はもうありませんよ。今は「前橋市」です(笑)。 
 
 
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30