記事一覧

OM-Dのケース

先日、購入したOM-D。
先週はそれを持って三国山に登ってきましたが、普通のストラップだと使い勝手がチョット....。
 
ザックを背負って、ちび太さんのドッグバッグを前につけて....となると、首や肩まわりに「掛けるモノ」がふえてくるので『鬱陶しい』ワケです。 もともと、OM-Dにはフィルム機のサブカメラを期待していますが、撮影中心でも、フィルム機やカメラバッグ、三脚などがあるので肩からかけるモノは増やしたくない.....。
 

で、このカタチに落ち着きました。 大したことはないです。ハンドストラップにしただけ(笑)。
 
ただ、今回はサブとしての「小型」を求めたのでハンドストラップでもOKというのがポイント。本体やレンズが大きくなる、レンズを交換する.......となると使いにくくなるように思います。フィルム機のOM-1(参照)は、微妙な差ですが、こういう使い方は合ってません。肩や首に掛けといて両手をフリーにできないとレンズ交換が面倒だからです。
 
で、今回、これを持ち運ぶのに都合よい超小型のバッグを見繕いました。

ナショナル・ジオグラフィックのアースエクスプローラーシリーズのNG 1153です。
ビッ○カメラの店頭にカメラを持ち込んで、収まりを確認した上で購入しました。私がそこまでするのは珍しいです(笑)。
 
理由は、この「ギリギリの収まり」の確認のため。 縦に入れて、右手で引き抜くように使いたかったのですが、専用ケースか?と思うほどの収まり具合。微妙にこじりながら入れるのがコツ(笑)。

ちなみに、内ポケットはファインダーが引っかかるので切除! また「縦入れして右手で引き抜く」のは、先にストラップをかけることができるから。ハンドストラップを選択したためです。
 
このケースは背面にベルトなどに通すガイドがあり、両サイドに肩掛けのバンドを付けるリングがあります。当然、後者は選択しません(笑)。

 
でも、ベルトに通して使うだけにしておくのも不便なので、革細工のハギレでこういうのを作りました。

 
こんな感じで使います。

 
とりあえず、使い勝手を試すため、わざわざ縫うのは面倒だったのでやめて、鋲でとめるだけにして済ませましたが、結構、良い感じです。このままでもイイかも。
 
さて、これでしばらく試してみよう。
 
 
 
 
 
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -