記事一覧

戸隠へ


今日は有給休暇を利用して戸隠に行ってきました。

いつものGPSログです。


朝、6:00に出発しました。途中で日の出を迎え、八ヶ岳が見えるあたりに来た時には、もうだいぶ明るくなってました。


今日は、天気が良かったので、八ヶ岳方面が綺麗に見えました........ので、ここにきて、だいぶ悩みました。戸隠がいいか北八ヶ岳がいいか

結局、戸隠でのスノーシューが初めてのコトだったので、こちらの方を選択。 で、長野まで来たのですがここで通勤ラッシュに巻き込まれて渋滞。



分かります?左の車線がガラガラなのが。 ここは、平日の7:00から9:00は、バス専用車線が設定されているのです。初めて知りました。  正直言って、凄いムダ。 わざわざバス車線を設定するほどバスが走ってるわけでもなく、マイカー移動が必要な状況なのに、路線だけ設定しているのだから.........。



こうして、結構、時間がかかりつつも、ようやく、戸隠に! 道は凍結などなく、簡単に到着することができました。



奥社に続く参道は、杉並木を含め、延々と真っ直ぐ続きます。



途中、「みずなら大王」と呼ばれる巨木を見に参道脇の樹林帯に入っていきました。 随神門の手前で倒木が参道をふさいでますが、その更に50mほど手前のトコロで右に注目すると目印のテープがありました。
ただ、参道の脇には水路があるので、それを越える場所をよく見極める必要があります。



参道に戻った後、更に直進して奥社まで。 随神門から奥社の間は、この行程で唯一の登りになります。 この時期、神様は中社に移動されているそうなので、無理に奥社まで行く必要は無いのですが、杉並木はこの区間が一番綺麗に見えます。



その後、随神門まで戻って鏡池方面へ。 樹林帯の間を縫うような散策路を進みます。



標識が雪の重みで壊れないよう、杭が追加されて縛られていました。 豪雪地帯であることを物語る情景でした。

で、冬季の鏡池までやってきました。 スノーシューでの移動状況を含め、その様子を動画で撮ってきましたのでどうぞ。


当然、周囲の店も閉店中です。 これは「どんぐりハウス」と呼ばれる鏡池に併設したお店。



今日、鏡池までやってきたのは、ワタシとこのヒトだけでした。 動画でも出てましたが、この奥に見えるのが戸隠の山塊です。



鏡池も凍結して歩ける状態ですが、ちょっと雪をかきわけると湿った雪が出てきて、氷の表面が見えてきます。 暖冬の折、上記の方のように中央まで進むのが嫌になり、ワタシは「周辺」までとしました。



チョット時間がかかったので、帰る途中でゼリーを摂りました。 でも、周囲の気温は約0℃でゼリーもキンキンに冷えてました(笑)。 あまり嬉しくなかったです。



さて、そんなわけでクルマまで戻ってきました。

今日はちび太さんも一緒。オレンジ色の冬季用のシュラフを出しておいたのですが、その中で丸くなって寝て待ってくれてました。



せっかく来たので駐車スペースの雪の上を歩いてみます。



ジムニーも、タイヤにまでつららが着く状況。 .......それにしても、四駆はこのアングルが似合うなぁ。



ついでにジムニーの後部状況です。 靴を置くスペースを右側に設け、左は一枚板のフラットスペース。今日はその上に荷物を置いていますが、右上のマットを敷けば、175cmぐらいの身長のワタシでも足を延ばして寝ることができます。



今回のコース、だいぶ気に入りました。 奥社まで行くと体力が要りますが、そうでなければスノーシューでの散策に凄く適してます。 今回のコース以外にも、遊歩道が設けられているようなので、いろいろと試すこともできそうです。 





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -