記事一覧

キャンプ決行!


この週末は、ちび太さんとキャンプに行きました。本当は3~4月頃から始めたかったのですが、都合がつかなかったり、天気が悪かったり.....

01_20170521221741d43.jpg

場所は群馬県の嬬恋にある「カンパーニャ嬬恋キャンプ場」。あの「無印良品」が運営しているキャンプ場です。
こうして森の中にあるサイトや、広大な草原のサイトまで様々。またペットOKの区画とNGの区画があります。この車が停めてある場所とその右側の空間がワタシが使えるところになります。

02_20170521221742b37.jpg

こんな感じで張りました。張り始めから落ち着くまで1.5hrもかかりました(笑)。

03_2017052122174417d.jpg

テントはスノーピークのアメニティドームSで、その前に軒先を延ばすようにタープ(ペンタシールド)を張りました。一番奥が寝室、次がアメニティドームの前室、一番手前がタープの下....になります。

04_20170521221745433.jpg

寝室です。テント用のベッドを置いて、その上に寝袋を...。右の手前にはちび太さんのベッドも置いているのに、私のベッドの上でくつろぎ続けるちび太さんでした。



さて夕食。

05_20170521221747210.jpg

今日は峠の釜飯の器で御飯を炊きました。米1合に水200ml、25gの固形燃料を使い、このまま放っておくだけで.....

06_20170521221748b99.jpg

ごらんの様にキチンと御飯が炊けます。

07_20170521221750976.jpg

夕食は焼肉。もう3年ぐらい経つかもしれませんが、能登半島に行った時に珠洲で購入した珪藻土の切り出し七輪を初めて使いました。一人か二人ぐらいで使うには丁度良いと思います。

08_20170521221751f07.jpg

夜になりました。
今回はLEDの照明を3つ持参しました。マントルを使うようなガスやガソリンのランタンも憧れますが.....面倒ですし、燃費もそれなりに悪いようなので、充電池で済むLEDから始めました。 
結果、1~2人なら全く問題なしです。雰囲気を味わうならキャンドルランタンを追加しようかな?というぐらい。 

09_20170521221753424.jpg

食後はこいつを一杯やりました。このキャンプ場は、19時まで売店が開いていて氷も簡単に手に入るので助かります(ワタシはクーラーボックスに入れて持参しましたが)。

10_20170521221754796.jpg

夜の感じ。見た目よりチョット明るいかな?というぐらいで撮影していますが、良い雰囲気ですね。
10時ごろまで、iPadで500pxの作品を見てたり(フツーに電波が届いています)、ちび太が来たら抱っこして過ごしたりしてました。

ただ、夜は寒かったです(笑)。この週末は群馬県下で猛暑日のトコロが出るような気温でしたが、嬬恋は日が落ちる頃には長袖が必須となり、夜になったら更にその上にフリースを羽織らないと『寒い』ぐらいになりました。寝袋もキッチリとファスナーを閉めて使う状況で、ちび太さんも途中でワタシを起こし(顔をチョイチョイと突いてきます)、寝袋に入れろと.....。


で、その翌朝。

11_20170521221756bc2.jpg

7時頃まで寝てました。朝イチはちび太さんの散歩から。朝はそれほど冷え込んでません。前夜にネットで調べたら、夜半から朝までほとんど気温は変化しないという予報でした。

12_201705212217356d3.jpg

散歩から戻ってきてよく見たら、ささやかなモノが置いてありました。ウンチにしてもオシッコにしても、こうしてキチンとやってくれるので助かります。

13_20170521221737593.jpg

さて、コーヒーでも淹れましょう....と。ポットは、もう、20年ぐらい使っているモノです。ミルで挽いて淹れるのは、ほぼ日常的なコトなのですが、やはり、こういう雰囲気の中で作ったコーヒーはイイもんですね。

14_20170521221738c1e.jpg

YouTubeで見て「旨そうだな」と思っていたホットサンドも試してみました。マカロニサラダとベーコンを入れてみましたが、とても旨かった!
ただ.....パン2枚になるので量が多いですね。

15_2017052122173988c.jpg

食後に腹ごなしを兼ねて湖の近くまで散歩しました。後ろに見えるのは四阿山です。今年の1月にスノーシューで登りました。まだ雪が残っていますね。

その後、10時頃までボーっと時間を過ごして撤収。撤収も1.5hrかかりました。



ちび太さんも、他の犬の鳴き声に反応して吼えたことがありましたが、ほとんど静かに過ごしていました。風通しの良いトコロで寝てたり、それなりに楽しんで居たように見えました。よかったです。


車中泊は、もう、何泊したか覚えてないほど経験していますが、キャンプはほとんどビギナー状態でした。車中泊と比べると、そもそも、テントを張る/撤収するということ自体が余計な手間ですが、食事が充実しますね(笑)。 また、車中泊はあくまで「移動の一部」なので、ボーっと過ごすことはほとんどありません。でもキャンプは滞在する手段の一つなので、そういう時間を楽しむ余裕も持てます。 

今後のちび太さんの体力を考えると、やはり、こういうスタイルの方が良いかもしれませんね。



コメント

俺の場合、たき火の炎があれば、角のロックで3時間は過ごせます。
季節や天候にもよりますが、たき火のそばでシュラフ、シュラフカバーだけで星を眺めながら一晩過ごす。大げさですが、人生観変わります。

No title

さすがKawadaさん(笑)
わたしも冬の車中泊での結露対策にシュラフカバーを持っていますが、確かに、それでもイケるかもしれません。......が、ちび太さんは今年の11月で10歳なので、チョット、ワイルド過ぎます(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

t_kazi

Author:t_kazi

Counter

Search

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -